スキル

1638現在のオンライン
105今日の読書
23今日のシェア
多言語ディスプレイ

車のガラスはどのように手入れしますか

2018-03-06 04:48:00

ガラスは車の目のようなもので、車の安全性を決めています。一部の車の所有者は車のメンテナンスの時、いくつかの大きな部品のメンテナンスだけをして、とても目の前のガラスを無視しがちです。もし心のある車の所有者がガラスをきれいに洗浄すれば、自分の道にも活力をもたらし、視野が広くて明るくて、車を運転する気持ちがよくなります。

工具/原料です

ガラス水,フィルム,ガラス危険です

手順/方法です。
1

ガラス水を合理的に使用する現在市場で販売されているガラス水の種類はとても多くて、しかし主に3種類に分けます:夏季用のガラス水、冬季のガラス水と特殊効果のガラス水を防ぐタイプです。その中で夏用のガラスの水は主に鏡面の上の飛虫の残留物を取り除きます;冬の不凍庫タイプのガラス水は主に気温が低い時、車の各部品が凍って壊れないことを保証します;特殊不凍タイプのガラス水は主に北の寒い地域で使われます。普段のガラスの手入れでは、季節や天候に応じて適切なガラス水を選び、ウィンドガラスの表面が曇っているときは、適切なガラス水で洗うと明るくなります。夜中にガラスの乱光が気になったら、ガラス水で拭くこともできます。また、高速で走っている場合やホコリが多い場合は、ガラス水をすぐに使うことになりますので、すぐに新しいガラス水を注ぐようにしましょう。

2

車のフィルムは無視できません。夏になると、薄い断熱フィルムが役に立ちます。暑い太陽だけでなく、断熱や紫外線も防いでくれます。業界関系者によると、断熱効果は消費者がフィルムを選ぶ重要な理由の1つで、断熱フィルムの透過率、uvカット指数なども消費者が関心を持たなければならない内容です。しかし、断熱フィルムには誤解があります。車の断熱フィルムにはフロント、リア、サイドフィルムがあります。なかでも断熱フィルムが求められるのがフロントガラスです。関連規定によって、フロントガラスの透過率は70%を超えなければならなくて、運転の安全に影響しないことを前提とします。フロントガラスに濃い断熱フィルムを貼るのはタブーです。このほか、断熱膜の抗紫外線指数を選ぶ時、高いほど良くて、センターコンソールの部品を保護することができるため、太陽の長期照射を防止して早めに老化します。フロントガラスの断熱材についても、ルームミラーの視認に支障をきたさないことを前提としています。フロントガラスの断熱フィルムは柔軟性があり、色のバリエーションも豊富です。藍色がかった断熱材を好む人もいます。

3

ガラス単独破砕保険とは、車の使用中に発生したガラス単独破砕の損害を補償する保険です。ガラス単独の破砕とは、保護された車両がフロントガラスと窓ガラス(ライト、ミラーガラスを除く)だけ破損した場合です。また、車の持ち主が輸入ガラス料率で保険に加入した場合は輸入ガラスの価格で補償され、国産ガラス料率で保険に加入した場合は国産ガラスの価格で補償されます。愛車にガラス保険をかけて、ガラスが割れる被害を軽減すれば、安心して運転できるでしょう。

注意事項です

車の断熱フィルムの断熱効果は、色の濃さとは直接関係なく、断熱フィルム内のコーティング工程が決め手となります。断熱率の高い断熱フィルムほど、反射が強くなります。一般的には、断熱率60%以上の断熱フィルムがよいとされています。80%、90%の断熱率を謳っている製品があれば、消費者の意識は高まります。

推奨情報