スキル

335現在のオンライン
108今日の読書
36今日のシェア
多言語ディスプレイ

なぜファンドを買っても損ばかりする人がいるのでしょうか

2018-03-07 19:12:00

ファンドに投資して損ばかりしている投資家がいますが、その投資家が投資して損ばかりしているのにはいくつかの理由があります。

工具/原料です
1

ファンド投資です

2

財テクです。

方法/手順です
1

投資の意思決定は優柔不断です。このような投資家は、ファンドを購入して利益が出たときには、また上がるだろうと売るのをためらい、下がると売らなかったことを後悔し、下がると損をすると、また損をするのではないかと思って損をして売ります。

2

この記事は無断で経験を引用しました

3

投資のリスクテイク能力が投資ファンドと合わないのです。投資家がリスクを取る能力によって、ファンドに対する意思決定が変わります。例えば保守的な投資は、ファンドの下げ幅がある程度であれば、リスクテイクが悪いので損をした時点で売ります。

4

投資家の資金配分が適切ではありません。一部の投資家は資産運用をしているため、手元に活動資金がなく、資金が急に必要になったときには、お金を失ってファンドを売るしかありません。

5

投資家が財テクに投資する時、資金の配置に注意しなければなりません、自分のリスクを負担する能力を理解して、意思決定の中で果断で、方法が科学的です。

推奨情報